スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ座の屋根にて 

ずーっと前に書いた記事を見つけまして、どこに置こうか迷って、ここに置いてしまうことにしました。
オペラ座関連の記事だから、いいかなと思って(笑)

少し修正はしたんですが、まじで頭悪い内容で中身はまったくないのです。
それでも見てみるぜという方にお読みいただけると嬉しいです(汗)。
ask002


ラウル「ねぇ、ロッテ。さっき言ってたことって本当なのかな?」

クリスティーヌ「(ち、信じてないのね私のこと)・・・ええ、ラウル!もちろん本当よ。あの燃える目は千人、ううん、それ以上の人々だって殺す力をもっているわ!」

ラウル「そ・・・んな・・・・・・(まじで”目”で?どうやって・・・困惑)」 

クリスティーヌ「(うわ、やっぱり疑ってるのね私のこと)・・・それだけじゃないわ。」

ラウル「え?」

クリスティーヌ「いったい何万本あるのか数えたくもないほどに無数にすき間なく立てられてある蝋燭に一瞬にして灯を灯し、(あなたもこの後、まんまと落ちちゃうハメになるわけだけれど・てへ)水牢とその他湖の中に仕掛けられた無数の罠の数々のメンテのために潜水することは日々の日課であり朝飯前な、有り余る体力と身体能力!

ラウル「・・・・・・」

クリスティーヌ 「鏡の裏や5番ボックスはもちろんのこと、クローゼットや壁の中に潜みながら何十時間も待ちかまえ(主に私を)、またある時は御者になりすまし馬車の手綱をもちながらスタンばり、ダーエパパ、ていうか私のお父様のお墓の中、そしてお墓の屋根で吹雪すらものともせず、凍えもせずに普通に待機。さらには、馬の彫像(のおしり)や巨大な天使の石像や劇場の上にたくさんいる手枷と目隠しをされた金色のお姉さんたちの後ろとかで、半永久的に待機可能なヤバイくらいな忍耐力!

ラウル「・・・・・・」

クリスティーヌ「黒い正装、黒い皮手袋、黒いマントに黒い靴(きっと靴下も黒)、そして黒の・・・、黒の髪!完全に気配を消すことを常に心がけ、行動は非情に迅速かつスピーディ。ひっそりと地下で過ごしつつ、日々こっそりと(ブケーとかに見つかると殺さないとまずいので面倒だから)あらゆるところのパトロールを欠かさない。
かと思えば、仮面舞踏会に地響きとともにいきなりの乱入!真っ赤な衣装に真っ赤なマント、腰には剣をひっさげた目も眩むほどのきらびやかな、ていうか真っっっっっっっっっ赤な衣装に身を包む。根本は恥ずかしがり屋さん、でももっと根本は目立ちたがり屋さんな、相当に面倒くさい人格!さらには・・・・・・」

ファントム「クリスティーヌ。いいから黙りなさい・疲労(馬の彫像の影から)」

ラウル「(え、いま髪で動揺しなかったかい?ロッテ)・・・・・・」

ファントム「か、髪だと!貴様が、それをいうのか!!(馬の彫像の影から)」



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

最高です!

ずいぶん前に私も読ませてもらった記憶があります、この記事。
大真面目にマスターの行動を語るとこうなるよなぁと大爆笑した覚えアリ(笑)今読んでも笑えます。tsutakichiさんブラボー!です(マスターの縄が飛んできそうですが)
忍耐力と基礎体力は相当なものなのでキレたら手に負えない感じなのもうなずけますね。

お邪魔しまーす!

ものすごーい、お久しぶりです!!
初、天井桟敷別館・・もとい、ファントムの館。
相変わらず、笑わせてもらいました~!!
さすがです☆

アタシにも、ファントムほどの忍耐力があったら・・・
いや。ファントムの忍耐力の十分の一以下の忍耐力があれば。
世の中の色んなことに、惑わされずに生きていけるんでしょうねぇ。
事実、ファントムは何にも(クリスティーヌ以外)惑わされてないし★
すごい男です。

あぁ~、ホント面白いですtsutakichiさん♪

>4/23  いさん

わー、きてくださってありがとうございます!

>この路線も真剣に・・・
もっと読みたいと言っていただけるとは思ってませんでした(汗)
が、がんばってみたいと思います・・・(照笑)

>petit-madameさん

お久しぶりです!
お越しくださってありがとうございます。
ファントムの館!ある意味そうかもしれません(笑)
マスターの忍耐力の右に出る人はきっといないですよね。
だって、目眩するほど長い間、クリスティーヌ一筋の彼ですから、それはそれは並大抵のストーカー忍耐力であるはずないですね(笑)

>aoiさん(改)

※aoiさん、すみません。この前書いたお返事、コピぺなどが間違っていて訂正が必要なので、またあらためて書き直しました。
寝ぼけた私でほんとごめんなさい!

こんな内容の昔の記事をまた引っぱり出してしまいました。
でも、楽しんでいただけてよかったです!
マスターの縄は、確実に飛んできますけどもね・・・(汗)ほんと、マスターには命がけです(なにが?)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cyuta.blog61.fc2.com/tb.php/24-ffb24906

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。