スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DOWN ONCE MORE】 

シャンデリアを落とし、オペラ座を炎に包んだファントムは、再びクリスティーヌを連れ去り、自分の住処へと戻ります。

く る の だ ぁぁぁ・・・っっ...!

怒りと混乱により、感情が振り切れてしまったファントムは、いま自分が何をしているのかすらわかっていないくらいの勢いで、ただひたすら、クリスティーヌの手を乱暴に引きながら、突き進んでいきます。
突き進んだ先には、“終わり”だけしかないことを、“破滅”だけしかないことを、ファントムはわかっていながら、でも彼はその場所に向かって進むしかありません。
もしも、もしも立ち止まれることができるなら、そうしたいのかもしれません。
でも、彼にその方法は許されていないので、わかっていながらも、終わりに向かって進むことしかできないのです。

続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。