スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DOWN ONCE MORE】その2 

Down once more to the dungeons of my black despair!

Down we plunge to the prison of my mind!

Down that path into darkness deep as hell!



いや、たまらないですねやはり。
何度か言っておりますが、バトラー氏の「D」の発音。
それが、この「Down once~」で炸裂しまくるわけです。
感情が昂ぶったときに発せられる、このつよいつよい「爆発音」がまじでたまりません。
終わりに向かって突っ走っていくファントムに、あまりにふさわしなぁと思うのです。

続きを読む
スポンサーサイト

【DOWN ONCE MORE】 

シャンデリアを落とし、オペラ座を炎に包んだファントムは、再びクリスティーヌを連れ去り、自分の住処へと戻ります。

く る の だ ぁぁぁ・・・っっ...!

怒りと混乱により、感情が振り切れてしまったファントムは、いま自分が何をしているのかすらわかっていないくらいの勢いで、ただひたすら、クリスティーヌの手を乱暴に引きながら、突き進んでいきます。
突き進んだ先には、“終わり”だけしかないことを、“破滅”だけしかないことを、ファントムはわかっていながら、でも彼はその場所に向かって進むしかありません。
もしも、もしも立ち止まれることができるなら、そうしたいのかもしれません。
でも、彼にその方法は許されていないので、わかっていながらも、終わりに向かって進むことしかできないのです。

続きを読む

更新(追記あり) 

次に書く記事の前振りとして必要だなーと思いまして、前に書いた
【THE PHANTOM OF THE OPERA】その1とその2
を、こちらに移動させました。
すこーし修正したくらいで、なんら代わり映えしませんが(汗)
よかったらみてみてください。
その3と4は、近日中に移したいと思います。

5/16追記~
その3とその4も移動させました。

【THE SWORDFIGHT】その3 

昨日の続きなわけですが。
覚醒したラウルに対しての、ファントムです。
追い詰められてしまう怪人なんですが、いやいいな。
「マスカレード」のとき、いるはずがない人間がいる光景ほど色っぽいものはないなぁ
などといっていましたが、ここもそうです。
普段、追い詰められることのない人間が、追い詰められてしまう・・・あり得ない状況です。
いいねぇ、すごくいい。
続きを読む

【THE SWORDFIGHT】その2 

boti005

激しい闘いが続きます。
どちらがやられてもおかしくない。
クリスティーヌは、そんな決闘は実はやめて欲しく、
でも彼女ではどうすることもできなくて、泣きそうになって見守り続けます。
できればどちらも無事でいてと必死に祈るような表情です。
続きを読む

いいことでも? 

天桟の映画の方か、こちらのⅡの方か、迷ったんですが、なんとなく内容的にこちらが似合っている感じなのでこちらに。

今日のおそらくは朝方に見た夢なんですが、こんな感じでしたよ。

以下、あくまで夢の話しです。

エミーとG・バトラーが結婚表明するですよ!
オペラ座のあの人とあの娘が・・・?まじで?ということで、各国でかなり大々的に報じられるわけです。
そして、記者会見が開かれるんですが、その席にはなぜかパトリックが一人で登場し、結婚するのは実はエミーとパトリックだったことが判明。しかも、彼らはすでに正式に結婚していて、エミーはお腹がかなり大きいらしいんです。妊婦さんです罠。
会見中、パトリックは終始満面の笑みを浮かべており、エミーとお腹の赤ちゃんにいつも歌ってあげているという子守歌を披露。
記者たちは、当然聴き惚れるわけですよ。
私は、実際どこにいるのかわからないんですが、やはりパトリックの歌声にかなりうっとりしているんですよね。
そのあたりで目がさめました。

ほんとにねぇ、もうどうなっているのかさっぱりです。
このところ、パトリックが気になる・・・とかいってるから、こんな事になるのかな。
でも、一説によると、妊婦さんの夢はいいことがあるらしいので、ちょっとほっとしました。
それにしても、まさかな組み合わせだったね。
ちなみに、私がありえない夢などを見たときに必ずここにいきます。
なかなか興味深い分析をしてくれるので、おもしろい。
げ、最悪だって夢の時でも、実はイイらしかったりしてほっとしたりもしています。
ま、たかだか夢なので、いずれにしろそれほど深く考えることもないがね。
いや、それにしても、今日の夢は、あまりにあまりだった(笑)

そんなこんなで、今日、『アラモ』を借りてきましたv。

【THE SWORDFIGHT】その1 

「天使さまぁ、いまあなたの元まいります」
うっとりと音楽の天使のもとへ向かうクリスティーヌ。
まさにその時、絶妙のタイミングで、子爵さま登場です。

「待ってくれ、待って!そいつはきみの父親じゃない!」

白馬から飛び降り、飛び降りざま剣をもち、反対の手でやさしくクリスティーヌを安全な脇へとよけさせる。
そのしぐさは、とても柔らかくて、得体の知れない“ファントム”との決闘を前にした緊迫した状況の中にいながらも、とても優雅な感じがします。
さすが貴族を思わせるしぐさだなーと。
続きを読む

お墓の屋根にて 

『アラモ』を借りようと思いつつ、『ロード・オブ~』を借りてしまった罠。3部作一気観するハメになりました。
『アラモ』は次の楽しみにしようと思います。
でも、なんでまじでパトリックが気になるのだろうか・・・。
以下、かっこいいパトリック画像を張り付けたかっただけの内容になります(汗)つきあってやってもいいぜの方のみご覧いただけると嬉しいです。ごめんなさい
続きを読む

最近は 

更新履歴(?)もどきメモです。

・墓地のシーンに入ってみました。
最近、やけにラウルが気になるのです・・・。
MOTNと同時進行でいこうと思います。
実は気が多い私です(汗)

・古い記事を、相変わらずぽつぽつと移動させてます。
一番最近だと、【O.G.氏の手紙】の記事だったかな。
少しだけ内容変えつつ、相変わらずの内容デス。
時間あったら、ご覧くださひ・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。